ごあいさつ

平成21年度から若狭町で初めての私立保育園として梅の里保育園がスタートしました。

又、平成22年度から指定管理者として岬保育所の運営も西田福祉会が行なわせて頂いております。自然豊かな山々に囲まれ、眼下には日本海や三方五湖がひろがる風光明媚な地域に位置する保育園を地域の皆様に支えられ保護者の方々と共に子育て•子育ちが出来ることを目指して行きたいと考えております。

西田福祉会では、0歳児からの人権尊重を第一に考え一人ひとりの育ちをしっかり受け止め、一人ひとりの育ちに合った保育の関わりをしています。「あかるい子・つよい子・かんがえる子」の3つを柱に、豊かな自然環境の中で、おおらかな心とたくましい身体づくりに励んでいます。

保育士は常に“待つ保育”を心掛け、口出し手出しは極力控えながらも、必要な時期を見定め、必要な支援が出来るよう努めています。保育士は、子ども自身が主体的に遊べるように、年齢の育ちにふさわしい遊び、遊具、用具、自然を提供し、その中で子ども自信が自由に自己決定しできるように環境を整えています。

保護者や地域の人材資源を活用し、様々な体験をさせていただき、また、未入園児親子への子育て支援、地元の小学校、老人福祉施設と連携を図りながら、皆で子育てをする喜びを共有し、信頼していただける保育を目指しています。

社会福祉法人 西田福祉会

理事長 深川 昇